ジャカルタに長崎チャンポンができました。

日本では食べたことがなかったのですが、めちゃくちゃうまかったです。

unknown

開店したばかりだったからなのか、
味はとっても美味しく、メニュー表にはたくさんあるのに商品は2種類しか頼めず、
出てくるまでにとても時間がかかり、ものすごい勢いで日本人の店長さんが謝り倒してました。笑

unknown-2

愛嬌があって、頑張ってて、あの謝り倒しをされて怒る人っていないんじゃないかな?
逆に、応援してます、美味しい料理作ってくださいってなると思う。
そんな対応されたら絶対もう行かないってなると思うけど、
全然そんな風にはならなかったなあ。

明日も来ます!美味しいちゃんぽんお願しますって、
お願いして帰ってきちゃった。

結果を出す人には結果を出ている理由が、
結果が出ない人には結果が出ない理由があるように、

繁盛店には繁盛店の理由が、
閑古鳥には閑古鳥のお店があるんですね。

海外に来ていると美味しい日本のものが食べれることが本当に幸せで、
一風堂とか、大戸屋=インフラだと僕は考えています。

unknown-1

日本の人口ピラミットがどうのとか、
アジアの国が伸びてるとか、
これからアフリカが伸びるとか、
よーーーーーし!!!!!!!!!!!
その国でやってやるぜってなっても、現実的には長くモチベーション続かないから、

そういう観点から考える住む国も大事なんだろうけど、
まずはその国でご飯が困らないのか、
その国に住みたい(住んでも良い)って思えるか、
国民性が好きになれるのか、
という点をまず自分に聞いてみるのが良いよね。
現在は大戸屋、8カ国に進出しているみたいです。大戸屋がある国は、本当安心。
大戸屋が世界中にもっと広がればいいのに。