夢って、本当に叶うんだね。

 

今フランスにEUROを見に来ています。今晩スペインVSイタリアの試合を観に行くのだ。

2319422_w3

僕はサッカーが大好きで、スペインに大学4年生の頃にレアルマドリードの試合を観に行ったことがあるんだけど、その時は、忘れもしない位もう大大大大大興奮。

 

今、振り返っても、最っっっっっっ高の瞬間でした。

 

 

そして、いつかまたヨーロッパの試合絶対見に来る、って夢リストに当時書いたんだ。

 

 

 

学生時代から僕が周りの大人に言われていたことはこうだ。

 

 

 

・学生のうちにしかヨーロッパ旅行なんて行けないから、今行っておいた方がいいよ。

 

・社会人になると休みもらえないから、今のうちに楽しんでおきな。

 

・自由にお金使えるの今だけだぞ。

 

この記事を読んでいる方にも、こんなことを周りの大人から言われたことがあるのではないだろうか。

 

 

 

そんな大人のアドバイスを聞いては、

 

あー、またダサい大人いるよ、はいはい。

あなたと私は違いますー、はいはい。

 

 

なんて反発精神むき出しにして反抗してたけど、

 

みんなが同じことを言うもんだから、心の奥では内心、

 

僕は大人になると、もう長期休みを得て、ヨーロッパに旅行に行けないんだ、行っては行けないのかもな、

 

と思わざるを得なかったんだよね。

 

 

 

学生を卒業し、僕も社会人になると、

 

毎日が慌ただしくなり、

 

日々同じ人達と毎日会い、

 

同じ場所に行き、

 

同じ仕事をしてというルーティンになり、

 

結果や営業成績という言葉に希望や野望は飲み込まれ、

 

いつか大人たちに言われたように、本当になっていた。

 

 

 

いつの間にか当時思ってた夢や描いてた理想の将来を忘れちゃいそうになっちゃってた。

 

 

 

忘れてたと言うよりは、あえて忘れようと、考えないようにしていた、という感覚だ。

 

 

 

自分が惨めになりたくないから、自分だけは特別なんだ、と思っていた方が幸せだから、考えないようにしていてのだ。

 

 

 

でも潜在的な意識ではそれはわかっていて、

 

歳下の後輩ちゃん達が卒業了解でヨーロッパ行くとか、遊びまくってるのを見ると

 

自分もその子達の未来を悲観したような意見を、いつの間にか言ってしまっていた。

 

 

 

大人になると楽しくねーぞ!

 

大人になるともう遊べねーぞ!

 

 

 

なんて、当時ダサいと思っていた先輩に完全自分がなってたっけ。

 

 

 

まだまだ、君達は若いな。

 

なんてカッコつけてるつもりになってね。笑

 

 

 

社会人になると、大体の人が家→会社→週末は友達というローテーションで周る。

 

 

 

会社の人達が自分の人生におけるウェートがすごく高く、

 

会社の先輩を見れば将来の自分が見える。

 

将来の理想の自分がそこにいるかどうかは、周りを見渡せば、わかる。

 

 

 

当時の僕は、こんな大人になりたくない!夢をあきらめたくない!と思いながら、

 

夢をあきらめた大人たちに囲まれていたのだ。

 

 

 

でも、僕は夢を諦めたくなかった。

 

 

 

今僕は、フランスにEUROを見に来ている。

 

今晩スペインVSイタリアの試合を観に行くのだ。

 

 

 

僕はサッカーが大好きで、スペインに大学4年生の頃にレアルマドリードの試合を観に行ったことがあるんだけど、

 

その時は、忘れもしない位もう大大大大大興奮。

 

今、振り返っても、最っっっっっっ高の瞬間でした。

 

そして、いつかまたヨーロッパの試合絶対見に来る、って夢リストに当時書いたんだ。

 

 

 

あきらめたくないと思ったからこそ、人生を変えたいと思ったからこそ、夢が叶ったのだ。

EURO_2016_Ticketing_FB_Share_EN

 

 

シンプルに人生を変えるには、夢を叶えたいのなら、

 

①時間配分を変える

②住む場所を変える

③付き合う人を変える

 

のどれかをする必要がある。

 

 

 

もしも周りを見渡してピンと来なかった場合、

 

会社の人、大学の友達という日々のコミュニティの枠から

 

可能な範囲で自分の理想としてる人生の先輩と触れ合う時間を取り入れることがお勧め。

 

 

 

つまり①時間配分を変えるのだ。

 

 

 

・土日友達と遊んでいる時間

 

・仕事帰りに上司の悪口をつまみに居酒屋で飲んでいる時間

 

 

 

などなどを自分の理想としている人達との時間や

 

理想の人生を送ってそうな人達と触れ合うのだ。

 

 

 

きっとその人達は自分とはまるっきり時間の使い方やお金の使い方が別世界の人達なはず。

 

 

 

だから、最初少し居心地が悪かったり、話しかけづらかったりするかもしれない。

 

 

 

でもそこが理想なら、居心地はよくなるから大丈夫。

 

 

 

・理想の自分がわからない人

 

・今後の将来がどうなりたいのかわからない人

 

・今の自分がただただ嫌な人

 

 

 

などなどの方々は、

 

週末何もしない時間を作り、

 

携帯をオフにして、

 

誰にも知り合いに会わない場所に真っ白のキャンパスとペンを持って、

 

美味しいコーヒーを飲みながら、

 

耳からはリラックスできる音楽を入れ、

 

 

 

・何が自分は好きで何が嫌いなのか、

 

・何が自分は楽しくて、何がつまらないのか、

 

・何が自分は譲れなくて、何はどうでも良いのか

 

・誰といる時は楽しくて、誰とはつまらないのか

 

などなど考えて見るべき。

 

 

 

僕は、

 

  1. 時間配分を変えるを

 

しようとしてたんだけど、

 

自分の意思が弱いのも知っていたし、

 

歳をとるほど変われない理由を作ってしまう性格なのもわかってた。

 

 

 

だから、24歳の頃、夢リストってのを作って、

 

あー、このまま言ったら将来全然叶わないなって強く強く思って、

 

 

  1. 時間配分を変える

2. 住む場所を変える

3. 付き合う人を変える

 

の全部変えちゃったんだよね。

 

 

 

日本から海外にいきなり住む

 

ってしちゃった。

 

 

 

全部変えちゃったからこそ、人生が変わって、夢が叶った。

 

 

 

その夢の一つがEUROのサッカーを見に行くことだったので、今日は夢が叶う日。

 

 

 

時間もお金も気持ちにも余裕がないと、

 

サッカー観にちょっとフランス行ってきます(*^^*)!

 

ってならないもんね。

 

 

 

あーーーーーー楽しみ。

 

 

 

夢って本当に叶うんだよ。

 

君も君も君も、夢を叶えよう。

 

 

 

絶対叶うから。